ファジアーノ岡山がまさかの番狂わせで松本山雅を破った

用事から帰ってきてからちょっと作業しなきゃならないことがあってその前にちょっとJ1昇格プレーオフ準決勝のファジアーノ岡山と松本山雅の試合ネットで確認したら同点だったのに、作業が終わって疲れてふと結果を確認したらなんと予想を裏切りファジアーノ岡山が勝った・・・
松本は昇格間近と思われていたところで最終節で清水エスパルスも勝ってしまって自動昇格枠を埋められ、格下のファジアーノ岡山には負けないだろうと思われてたここでまさかの敗北・・・・なんということだろうか。。
もうひとつの準決勝のセレッソ大阪と京都サンガはセレッソが順当に勝った。
これでプレーオフはセレッソ大阪とファジアーノ岡山ということになった
普通に考えればセレッソが昇格だろうがファジアーノがもしかしたら・・・・ということもある。
さらにJ2とJ3の入れ替え戦も行われていて、ツエーゲン金沢と栃木SCの試合はツエーゲンが先に一勝した。
ツエーゲンは今日アウェイゴールを奪ったアドバンテージがあるので有利になった。
しかし今日のファジアーノ岡山の件もあるし油断はできない。
来週はどちらの試合も必見だろう。
NHKBSで中継はあるのだろうか?急にお金必要

日本の財政破綻は20年後だが、一体どうなるのだろうか

今が2016年で、20年後は2036年。
その頃には日本は財政破綻すると言われている。
そうでなくとも、生活保護と年金は破綻する。
生活保護はどうでもいいとして、年金が破綻するのは困る。
そのためには、増税するしかないらしい。
消費税も25%ぐらいになって、所得税も40%ぐらいになるのではないだろうか。
かなりの増税がのしかかるに違いない。
海外に出たほうが生きやすい時代がくるだろう。
でも、私には持病があるので国内を離れられない。
障害年金はどうなるだろう。減額になるのはさけられないだろうが、
障害年金は受けてる人の総数が少ないので、あまり手をつけられないような気がする。
そして、新規の申し込みが厳しくなっているけれど、既存の受給者には優しい制度の
ままでいるような気がする。希望的観測だが。
とにかく私と彼は、障害年金が頼りだ。老後はそれが頼みだ。
現在のところ11万円。彼が8万円。手当を合わせて20万円。
これプラス。働いたお金60万円。ミュゼ 予約変更 ネット

やることが数多く、忙しかった週末の午前でした。

朝からあわただしく動き回りました。
9期間から市の一時クリーンにともなって行政の草取りがありました。
雨量がやんで曇天のなかでパーティー位置のまわりの草取りをしました。
ついでに終わってから庭園の草取りも少しだけしました。
コイツ空の時季、油断すると雑草が加算放題になる。
帰ってきてちょっと休憩をしてから買い出しにでかけました。
2つの超絶に行きました。
後の超絶は週末11期間まで10%OFFになるので甚だ混んでいました。
週末のこういう時間にこのお店に行くと必ずやネットワークに2から3ヤツに合います。
肉が安かったので買いだめしてきました。
取りてば、牛肉、豚肉などを買いました。
帰ってきてから、昨日近所のヤツからお裾分けしてただいた大根と鶏肉の手羽昔を煮ました。
大根と鶏肉は両方別々に底茹でするので手間も時間も思い切りかかります。
手羽元は底茹でしてから水洗いして汚れを取り除くと臭みがとれて美味しいだ。
上手く煮あがりました。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/

風呂といったインタフェースなどに関して勉強した

コンピュータの事件において勉強しました。メモリの事象音量は、事象こなせるプランのがたいや処理できるインフォメーションの多さに直接的関係します。現在のパーソナルコンピュータはMB(メガ日雇い)やGB(ギガバイト)単位のメモリを持っています。インタフェースは、コンピュータインナーでは、湯船というよばれる伝送路を通じてインフォメーションの交信を行います。また、各まわり用品も湯船って接続することによりCPUとのコミュニケーションを行います。こういう一瞬、まわり用品って湯船を接続する用品をインタフェースといいます。パーソナルコンピュータでは、インタフェースが規格化されている結果、意義によってことなるクリエイターの各種まわり用品を組み合わせて利用することができます。SCSIは、端末ってハードディスクやCDーROM、MOなどのまわり用品を接続するために開発されたインタフェースのことです。IEDは、主に端末というハードディスク用品ってを接続するために開発されたインタフェースだ。端末の内蔵ハードディスクはこういう仕様でコネクトされていることが多いです。肥後すっぽんもろみ ドラッグストア

昔に見た恐怖プログラムは一体全体トラウマ状況で怖かった

大人になったせいか、恐い心霊プランや、驚きDVDを見ても物凄くなくなりました。どういう心霊DVDも、「どうみてもCGじゃん!」というがっかりするぐらいだ。昔からそういったプランが好きでよく見ていたのですが、昔に見たものはトラウマクオリティで怖かった記憶があります。プランを見た後は、便所やお銭湯にも行けなくなるのになんだか見たくなるんですよね。昔なので、ただたんになんでもおっかなく感じただけかもしれませんが、昔のプランは妙にリアルで真実味があるように見えました。

例えば、心霊写真が写った要望中心と共に、霊の怨念の演説や、除霊したりといった此度見ると胡散臭いような定義だったというのですが、プランが創り込まれていてかなりわくわくしたものです。今のプランは驚異や、笑顔も取り混ぜられていて、子供にも見やすい内容のものが多いので、家族で楽しめますが、わたしは心底憂慮するような怖いプランをまたしてくれないかなぁ〜って予想をしています。酵素水ランキング

何故バイクに跨るのか、それはバイクという足が相当うれしい味方だから

雨量が降ったらびしょぬれ、夏は汗びしょびしょ、冬季は寒くてブルブル、アクシデントをすれば大被害。バイクに乗らない人様にとって、なぜそんな足に乗じるのかと不思議に窺えることでしょう。そうですね。乗っている己からしてもちょいちょいなんでこちらは乗っているんだろう、寒いし暑いし恐怖だしなんておもうことがあります。それでもライダーはまたバイクに跨がります。車は毎日の七つ道具、バイクは仲間。そうなんです。バイクは大切な仲間。人知れず氏名を擦り込みちゃったりすることもあったりして。おんなじ通りでも車で走り回るのとバイクで滑るのとでは一向に違う。コントラストも風向きもきっぱりバイクで駆けるほうが良くもらいちゃうんです。オイルやガソリンのフィーリングや心悸のようなエンジン音響も誘引なところです。人馬一体という文言がありますがぴったり自分のバイクと一体になってそよ風を切って駆けるって最高です。瞬間を直肌で見て取れるんです。瞬間の変更がわかります。雨量に濡れようが暑かろうが寒かろうがそれはそれで楽しんでしまうのがバイク立ちの心意気だ。これからも一生ライダー、バイクにのぼり続けます。ベルタ葉酸

ライブラリーと自宅での、ミュージック機械の食い違いに気付いた毎日

最近はオフに書房から、フジコ・ヘミング氏のCDを借りて現れることがエンターテイメントです。最近も書房にいらっしゃるフジコ氏のCDを全品纏めて借りて来た。CDだけでなくフジコ氏が執筆した誌までも、フルセット借りて来た。それから書房のVTR観戦ダッグアウトでは、フジコ氏のVTR(とビデオ)を半日がかりで楽しむ。書房の働き手にも大のフジコ氏オタクだと言われ、驚かれてしまった。
フジコ氏の熱演は「レッスン曲」や「前奏曲」という呼び名の張り付く曲の実利を、呼び名以上に引き上げてくれるピアニストです。熱演を聴く度に、「レッスン曲」は「ライブ用の大曲」に、「前奏曲」は「メインの品物」に向かう気がする。それは書房で聴く時も、家で聴く時も貫く。
しかし、音色の聴こえ人物で気になることがあった。それは、書房と自宅での響機器の不一致です。機器が違うパイ、音色の響きが微妙に違うように感じる。私の場合は、自宅の響機器はお世辞にも情けないので、フジコ氏の熱演が「フジコ氏」らしく聴こえない。書房で聴くのと大不一致です。
自宅での響機器も整えて聴く結果、熱演の実利を二度と高められるかもしれない、と実感した毎日だった。金利 安い キャッシング

チカラウタを見てから色んな出品がありました

夕刻からあるBGM座談会のテレビ局の「チカラウタ」というのを見ました。あなたは前週と一緒のあなたでしたが、依然前週に放送されなかったあなたのチカラウタを紹介していました。時折分かる曲があったので、久しぶり聴いたなと思いながらこういうテレビ局を見ていました。過去の筋道もしていましたが、今日とは全然違う実績だったので意外でしたし、びっくりしました。今週もこういうテレビ局を見れてちゃんと良かったなと思いました。そして、夕刻くらいから放送されている、「笑業者」を見ました。前週も見ましたが、本日も生放送ですみたいですし笑業者の新団員も執筆みたいですし、今年の常時TVのマラソンランナーも発表する的だったので、本日もみたいと思って見ました。笑業者の新団員の執筆が先にありましたが、分かる者だったのでびっくりの新団員でしたし、分かる者で良かったです。今年のマラソンランナーは、とある笑業者の団員でした。キレイモ

顕微鏡のことと植物といった葉のつきかたに対して

顕微鏡のことなどにおいて教育しました。ふつうの顕微鏡では、50ダブルから1500ダブルほどまで見ることができます。100ダブルの視界は、大きくて詳しいだ。400ダブルの視界は、小さくて暗くなります。顕微鏡明晰のステップは、接眼レンズをのぞきながら、反射鏡を調節して明るく当てはまるように決める。範疇という対物レンズ迄をじゅうぶんあけて、プレパラートを範疇の上に置きます。隣から見ながら、範疇といった対物レンズを近づけます。範疇って対物レンズ迄をのほほんと広げながら、思い切り映るショップで遠ざけます(ピントを方向づける)。そうして、しぼり板を回転させて根源が一心に見えるように決める。次は、植物といった葉のつきかたに関しまして教育しました。ユリは、たがいちがいに葉がつきます。アジサイは、2枚の葉が向かい合ってつきます。ヤエムグラは、1つの節に3枚以上の葉がつきます。このようなことを教育しましたが、知らないこともあったので知れて良かったです。ミュゼ 100

人生はやっぱり変化の連続なのかもしれない

かつて誰かから聞いた話で本当かどうかはわからないのですが、サルの中で勇気のある猿が群れから離れていったことで人間に進化していった、というものがあります。正直ちょっと信じられない部分はありますが、つまりは変化があるのが生きることだという教訓はあったと思います。
人間はついつい安定を求めてしまいますが、せっかく大会社に入ってもたくさんリストラが行われたり、離婚率も高くなってきたりと安定はどこにあるんだろうと多くの方が思っているのではないでしょうか。元から安定した生活をしたい、と考えている時点でもはやいけないのだとも思っています。最初から穴の空いた小舟に乗っていると思っていないと、人生は腹の立つことばかりのような気がします。
とても会社でも保守的な雰囲気のところもあります。そういったところでは現状維持でなんとか変化を認めないようにする風潮がありますが、結局は良くない方に傾くのだろうなあと見ていて思います。ミュゼ 100円 期間