風呂といったインタフェースなどに関して勉強した

コンピュータの事件において勉強しました。メモリの事象音量は、事象こなせるプランのがたいや処理できるインフォメーションの多さに直接的関係します。現在のパーソナルコンピュータはMB(メガ日雇い)やGB(ギガバイト)単位のメモリを持っています。インタフェースは、コンピュータインナーでは、湯船というよばれる伝送路を通じてインフォメーションの交信を行います。また、各まわり用品も湯船って接続することによりCPUとのコミュニケーションを行います。こういう一瞬、まわり用品って湯船を接続する用品をインタフェースといいます。パーソナルコンピュータでは、インタフェースが規格化されている結果、意義によってことなるクリエイターの各種まわり用品を組み合わせて利用することができます。SCSIは、端末ってハードディスクやCDーROM、MOなどのまわり用品を接続するために開発されたインタフェースのことです。IEDは、主に端末というハードディスク用品ってを接続するために開発されたインタフェースだ。端末の内蔵ハードディスクはこういう仕様でコネクトされていることが多いです。