顕微鏡のことと植物といった葉のつきかたに対して

顕微鏡のことなどにおいて教育しました。ふつうの顕微鏡では、50ダブルから1500ダブルほどまで見ることができます。100ダブルの視界は、大きくて詳しいだ。400ダブルの視界は、小さくて暗くなります。顕微鏡明晰のステップは、接眼レンズをのぞきながら、反射鏡を調節して明るく当てはまるように決める。範疇という対物レンズ迄をじゅうぶんあけて、プレパラートを範疇の上に置きます。隣から見ながら、範疇といった対物レンズを近づけます。範疇って対物レンズ迄をのほほんと広げながら、思い切り映るショップで遠ざけます(ピントを方向づける)。そうして、しぼり板を回転させて根源が一心に見えるように決める。次は、植物といった葉のつきかたに関しまして教育しました。ユリは、たがいちがいに葉がつきます。アジサイは、2枚の葉が向かい合ってつきます。ヤエムグラは、1つの節に3枚以上の葉がつきます。このようなことを教育しましたが、知らないこともあったので知れて良かったです。ミュゼ 100