シルエット標本やレイアウトについて

プレゼンなどについて受講しました。プレゼンを行う際は、説明するヒストリーにあわせて公刊シートを作成します。今回はプレゼンソフトウェアを用いて、リポートとしてのスリップを作成し、プロジェクタを利用してスリップを広く映し出し、批判を行います。スリップは、ソフトウェアで作成する一つひとつのディスプレイだ。また、必要に応じてスリップのヒストリーに対する補足案件や詳細な批判を雛形に印刷し、観客に配布する実装を行います。一般的には、スタッフ個々人に配って渡す場合は「配付」を摂るが、ここでは大きい定義にとらえて「送付」と表現している。スリップのモデルやオブジェクトの配置は、モデルパタンやレイアウトの中から印象に当てはまるものを選択してもよろしいみたいです。モデルパタンは、スリップのモデルや教本等の書式をひとまとめにしたテンプレートのことです。レイアウトは、スリップ上のオブジェクトの配置だ。実際に端末でやってみたいなと思いました。