「BONES 骨は語る」シーズン7 第6話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン7の第6話「暗号は骨の中に」を見ました。
今回は一話完結ではなく、コンピューターの天才でものすごく知能の高い犯人を相手に、ラボのメンバーが団結して立ち向かうストーリーでした。決着はつかないままだったので、過去のエップスや墓堀人の事件のようにシリーズを通しての戦いになるのかもしれません。
背骨を一度分解して不可思議な順番に並べ直してあり、それがメッセージになっているなど、高度な技術が次々出てきてなかなかシリアスな展開で引き込まれました。暗号を解くのに必死になるジャックがなんだかおかしくて、思わず笑ってしまいました。アンジェラがしらけた顔で「やめてよ」と何度言っても、まるで聞いていないのが面白かったです。
そして、新居探しが難航するブースとブレナンでしたが、ラストでやっと決まったようでよかったです。いわくつきの物件で廃墟のようだったのですが、ブレナンは「骨格」が気に入ったみたいですね。きれいにリフォームして新生活を始める様子を早く見たいです。