この人生の色んな事に対して色々と迷ってしまう

最近の私は仕事に身が入りません。
後輩にお願いできる事は全てお願いして、私は何もやりません。私しか出来ない仕事は無いので楽です。
私自身ダメになっていっている気はしていますが、この居心地の良い場所から出る気にはなれないです。同じ給料を貰っているなら楽な方がいいと思ってしまっています。そう考えている時点で成長は望めないのでしょうが、成長という言葉に踊らされて、頑張らされ続けてもう疲れたのかなと思っております。
今の業界にもう少し早く入ればまた変わっていたのかもしれないです。
当面は目標がちゃんと見えて来るまでしっかり現実を見続けるという事です。それが今の私に出来る事です。
その目標は仕事関係でなくてもいいし、趣味を作る事でもいいと思っております。今、生きている事にちゃんとした潤いが与えられる目標だったら何でもいいかなと思っています。
このまま平坦な人生もありでしょうが、やはり私は頑張ったと胸がはれる人生を送りたいと思っております。お金を借りたい 女性

久し振りにタクシーに乗ったのですが、とても穏やかな運転手さんでした。

お友達と夜ご飯を食べた帰り、電車に乗って帰る予定でした。夜ご飯を予定よりも安く済ませることができました。電車に乗るのも良いですが、少し贅沢をして、タクシーに乗って帰ることにしました。タクシー料金を少しでも安くしようとするために、タクシー乗り場に向かって10分程歩きました。そして、タクシーに乗りました。久しぶりにタクシーに乗ったので、少し緊張していました。行き先を伝えて、タクシーの運転手さんと少し雑談をしました。タクシーの運転手さんはとても穏やかで優しい方でした。とても話しやすくて、私が職場の後輩から敬語ではなくため口で会話されるということを伝えると、すごく怒ってくれました。お話ししている中で、上下関係にはすごく厳しい方なのだなと思いました。自宅に着いたので、料金を支払いました。レシートをもらった時に、カバンの中に入っていたチョコレートを2つ渡しました。タクシーの運転手さんはとても喜んでくれました。久しぶりのタクシーはとても快適でした。脱毛ラボ 料金 全身脱毛

再演が繰り返される悲劇の物語『うたかたの恋』

宝塚歌劇団で何度も再演されている『うたかたの恋』。原作はフランスの作家クロード・アネの小説『うたかたの恋』です。初演は1983年で、
オーストリア、ハプスブルク家の皇太子ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの悲劇的な恋を描いたものです。皇太子と男爵令嬢という身分違いからけして結ばれることのない二人は最後、雪の降るマイエルリンクの別荘で、2人は死を遂げるのです。
前回は、2013年に宙組の凰稀かなめさんと実咲凜音さんを中心に演じられました。そして次回は2018年に星組の紅ゆずるさんと綺咲愛里さんを中心に演じられます。
物語の中には、ルドルフとマリー以外にも様々な人が登場します。ルドルフの父と母であるフランツ・ヨーゼフ皇帝とエリザベート皇后、ルドルフの従兄弟で親友でもあるジャン・サルヴァドルなどがいます。そして、ルドルフの妃であるステファニー皇太子妃も物語に密接に関わります。
最期へと向かう二人の愛は清く儚いものです。