なにもトイレットペーパーをケチる必要はないじゃないの?

別に、大して文句を言うようなことでもないのかもしれませんが、私は会社のトイレが嫌いです。
トイレというか、トイレットペーパーがどうにも好きになれないんですよね。
経費削減だとか、エコだとか、いろいろと考えがあって、みんなの使う備品というのは選定しているのかもしれません。
それにしても、一昔前にガソリンスタンドで配っていたような、安いわら半紙のようなトイレットペーパーをいまだに使っているんですよね。
白くてふかふかのトイレットペーパーとどのくらい値段が違うのかはわかりませんが、トイレットペーパーくらいケチらなくてもよいのではないかと思ってしまいます。
来客が使うこともあるトイレだし、このトイレットペーパーへのこだわりというのを、早く捨ててもらいたいと常日頃思っています。
例えば、会社の中には、コピー用紙を無駄に使っていたりだとか、経費の使い方について、もう少し絞れる部分というのはいくらでもあると思います。
トイレットペーパーというのは、まったく無駄になるものでもないし、そもそもそれほど高いものでもないはずです。
無駄なものはもちろん削ったほうが良いのだと思っていますが、少なくても、それはトイレットペーパーではないのではないでしょうか。全身脱毛 その都度払い